目標達成

らん
06 /24 2018
最近の散歩中のらんの習慣。
立ち止まってあらしを先に行かせて、距離ができるとダッシュで追いかけるという技だ。
行きは、ずっと登り坂。そこを駆け抜けるのがらんの目標。
ついに1回だけ立ち止まったけれど、上まで駆け上がった。
私も走らされているが
遂にやった!
という感じだった。

今日のくーちゃん

くーちゃん
06 /23 2018
今日は、サークルに入れないでみっちゃんと合わせてみた。
みっちゃんは、最初くーちゃんの存在に気がついていなかったが音もなく近づいてきていたくーちゃんに気がつくと驚いていたようだ。
みっちゃんは洋服ダンスの中から、じーつとくーちゃんをにらんでいる。
くーちゃんが入って行こうとすると、中から軽いジョブを繰り出すみっちゃん。
たんすの入り口で立ち止まったまま中に入れないくーちゃん。
膠着状態が続いたままだったので、戸を開けてみっちゃんを外に出した。
みっちゃんは、こわ~い 顏していた。
これから上手くいくといいんだけど。
くーちゃんは、うちに来た頃とすると、動きが、素早くパワフルになっている。
今日の夜は、ガラスに映る自分の姿を見て訝しげにしていた。
最初は、驚いたようで、しっぽを膨らましていた。
何度もガラス窓によって行っては自分の姿を眺めていた。

今日のくーちゃん

くーちゃん
06 /15 2018
相変わらず走り回って遊んでいる。
猫じゃらしを咥えてあちらこちらへ。
連写で撮ってもぶれぶれ。
今日は、サークル越しにらんと面会させる。
くーは、体を横にして背中を曲げて、
ウーツと威嚇。
らんは、素知らぬ顔で気づかないふり。
やがて少し離れたところから、じっと見つめる。
静かに近づいてくーの匂いを嗅ぐ。
くーも寄ってきてらんの匂いを嗅ぐ。
サークルの中からちょいちょいと手を出してみる。
らんは、相手が赤ん坊だとわかっているみたい。
あまり、本気では相手にしていないようだ。
くーは、あらしとは一緒にお昼寝をしたそうだ。
らんの方が体が大きいので少し怖いのかもしれない。



お誕生日

あらし
06 /14 2018
今日は嵐くんの4歳のお誕生日。
早いものであっという間の2年半だったなと思う。
気がつくといつもお膝にいる嵐くん。
今日の夜は、お誕生日祝いの缶詰めだよ。
喜んでくれるかな。

今日のくーちゃん

くーちゃん
06 /14 2018
くーちゃんは、順調に毎日成長している。
玉をとって一日中走り回って遊んでいる。
疲れを知らない。
かと思うと喉を鳴らして甘えてくる。
汚れを知らぬ純粋な存在。

御対面

くーちゃん
06 /10 2018
くーちゃんは今息子の部屋で暮らしている。
みっちゃんが息子の部屋へやってきたので会わせることにした。
くーちゃんをサークルに入れてさて御対面。
みっちゃんは、すぐにサークルのところにいきサークルごしに御対面。
お互いに見つめあって匂いを嗅ぎあう。
子猫がサークルの間から手をだすと、みっちゃんが低い声でうーっと唸る。
くーちゃんは少し怖がっている様子。
ここらでみっちゃんの面会終了。
つぎは、らんと嵐の番。
ワン達を息子の部屋へ入れると、くーちゃんは警戒して、体を横にして毛を逆立てて低い声で
うーっと唸る。
らんも嵐もまるで気がつかない様子でくーちゃんのおもちゃで遊んでいる。
あらしは猫じゃらしを咥えてなかなか離さず。
らんは、くーちゃんのボールを守って嵐がそばにくるとフガーツと怒っていた。
それから、らんは少し離れたところから見るが如く見ざるがごとしな様子だったけどやがてじーっとくーちゃんを見つめていた。
そしてサークルに近づいていってサークル越しに匂いを嗅ぎあった。
次に嵐くん。
部屋に入った時から落ち着かなかったが、サークルに近づいて鼻を隙間から入れてくーちゃんの匂いを嗅いでいた。
そこへ、みっちゃんがやってきた。
そこから先住犬と猫はくーちゃんのほうに首を伸ばしてじーっと見つめてきた。
静かな時がしばし。
くーちゃんは押されてあとずさり。
緊張していた。
みっちゃんは、その後ベッドの下で過ごしていた。
ベッドの下に隠れていると安心できたのだろうか。
今日はそんな感じだった。

拾い猫登場

日常
06 /04 2018
名前は、くーちゃん。 
出会ったのは、ウォーキング中の道端。
青い目やにがいっぱいで静かに道の端にうずくまっていた。 
夫に抱かれて家路を急いだ。
意外に元気で
ニャーオーと嗄れた声で泣きわめきながら暴れていた。
歩きながら、かかりつけに電話をして、クレートにいれて受診。
だいたい2ケ月半で3月の中旬生まれ。 
ウイルス性鼻気管炎を患っており、放置されていた期間が長く、治るとしても時間がかかる。
症状は残るかもしれない。
みっちゃんにもうつす可能性があるので隔離が必要。
との診断。
目薬と薬をもらい家に帰り、物置になっている部屋をざっと片付けてそこで過ごさせることにした。
息子が世話してくれると言ったので頼む事にした。
この6日間息子はつきっきりで子猫の面倒を見てくれた。
薬と目薬の投与。
水と餌を与える。
おトイレをさせ、後始末までする。
遊んであげる。
抱いて一緒に眠る。
きまって朝5時におこされる。
見違えるように子猫は変わった。
体重は500グラムから750グラムに。
顔もすっきり綺麗に。
まだ目が少しウルウルしているし、鼻もつまっている。
クシャミもあるが随分減った。
一日中遊んで、疲れたら息子に持たれて寝息をたてる。
濃密な時間を過ごして、信頼関係が早くもできているんだなとわかった。
感染対策で今しばらく隔離生活を続けてもらうつもりだ。
今回のことで息子を見直した。