がウゥ~

09 /01 2016
今朝のこと、らんちゃんはソファのうえで撫でてもらっていた。
気持ちが良かった。
ところがソファの下で自分も撫でてもらいたい、白いお人がもじもじとしている。
らんは、上から仁王立ちになって見ている。
なんたっていつも、自分は床にいて反対の立場なんだから。

居てもたってもいられなくなった白犬君は、ソファの上に向かってジャーンプ。
その瞬間、らん君が
がおーっ!!
びっくりしたあらし君、ジャンプ失敗。

そんなに怒らなくてもと思ったけれど、よく考えるとなりは大きいけれど中身はあらし君よりも子どもだしなと思った。
いつか、押しも押されもせぬ中年になって年を取る日も来るんだよなと思った。

今は、あらし君が私のお膝。
らん君は、私に寄り添って寝息を立てている。

そういえば、昨夜あらし君はあんあんと寝言を言っていたなぁ。